本文へスキップ
 


 当クラブは致知出版社の主宰する木鶏クラブの全国支部の一つです。
 教育方針イメージその中で、新宿木鶏クラブが目指しておりますのは、安岡正篤先生も言われるように気骨(元気)のある人間形成です。己の進歩向上に励み、荘子の言う「木鶏」たらんと目指す会です。

教育方針イメージ 会の運営は全員参加方式でやっております。年代や体験が異なる人々の集まりですが、月に一度の会合で学び合っています。私達会員が自分の勉強も兼ねて「手作り」で講師をやりますが傍観者はいなくて、誰もが何らかの形で参加するようにしています。

 また、このホームページを開設した目的は次の2点によるものです。
1.自らを高めようとする人の輪を、若い人にも広めたい。
2.議事録を中心に、新宿木鶏クラブの個性を生かしたメッセージを発信したい。

 もし、あなたがそんな当会に関心をお持ちになり参加したいと思われたら入会されては如何かとお勧めいたします。

代表世話人 石原長夫

  “木鶏”とは・・・




1)我々は徳性を養い、人格を高めるためにここに集い、共に学ぶ。
2)我々は『致知』を通じて生きた人間学を学び、その学びを世に広め、後世に伝えることをもって会員たるの本旨とす。
3)我々は、常に自らのいる場を清め、高める。
4)我々は、忠恕を旨とし、勤勉・正直・親切の徳目をめざす。
5)我々は心こそ運命を創るものであることを知り、①高い志、②感謝、③素直、④本気、⑤プラス発想の五心を尊ぶ。    
6)我々は、絶えず自反尽己に努める。
7)我々は、「美点凝視」を信条に、春風を以って人に接し、秋霜を以って自らを粛む。
8)我々は、成功は多く辛苦の日々にあり、失敗は多く得意の中にあることを忘れず、慢心を排し謙虚に生きる。
9)我々は、正業を通じて一灯を掲げ、祖国と同胞のために相共に感激を以って微力を尽くす。
10)我々は、我々を生み出ししものへの感謝を忘れず、生涯現役・臨終定年をモットーに自己完成の道を歩む。

  (2012年9月改定)




① 自由闊達な人間性を発揮して、前向きな人生やロマンを語り、人格向上を図る。
② 考え方や手法ではなく、体験談を主とするものを伝承しよう。
③ 『致知』の精神を体得し、知行合一を実現する情報発信人になる。
④ 会員相互の親睦を旨として、円滑な会の運営を行う。(円満第一)


毎月の例会の締めくくりには、元京大総長 平澤興氏のこの言葉を全員で唱和しています。

  

  


●2017年
 開催月日  月例幹事 発表テーマ
〈野外研修場所〉 
読後感想
司会 
 備 考
 1月14日(土) 石原長夫 「新年の抱負」  ーーー  新年会
2月4日(土)  古望高芳 「日本近代史研究(後編)」 田路修二  1・2月号
 3月4日(土) 松橋勇太 「出光佐三と石油」 彦坂康己  3月号
 4月1日(土) 小國博美 「立命の書『陰騭録』を読む」 牧原紀行  4月号
 5月13日(土)14日(日) 浅野
強矢 勉
古望大祐
「平澤興記念館」  ーーー  野外研修会
 6月3日(土) 高島 実 「パラリンピックを楽しもう」 浅野  5・6月号
 7月1日(土) 岩本賢治 「社会福祉」 藤巻由美子  7月号
 8月5日(土) 福留昭彦 「和食の食べ方」 橋本克紘  8月号
納涼会
 9月2日(土) 富山保昭 「昭和史の光と陰ー重光葵と里見甫」 古望真由美  9月号
 10月7日(土) 島袋 忠 「昨今のコンピュータ事情」 石黒淳一郎  10月号
 11月4日(土) 田路修二 「ペリーから戦争の詔勅まで」 強矢 勉  11月号
 12月2日(土) 石原長夫 「宗教から見た日本史の考察」 古望大祐  12月号
 忘年会 
  
●2018年
 開催月日  月例幹事 発表テーマ
〈野外研修場所〉 
読後感想
司会 
 備 考
 1月13日(土) 石原長夫 「新年の抱負」  ーーー  新年会
2月3日(土)  橋本克紘 「吸着そして反対称飛行機」 小林和郎  1・2月号
 3月3日(土) 望月俊治 「仏教雑話」 牧原紀行  3月号
 4月7日(土) 高島 実 「日系移民150年の歴史 日系アメリカ人の歩み」 古望高芳  4月号
 5月12日(土) 向 秀憲
藤巻由美子
「恵林寺、根津記念館他」  ーーー  野外研修会
 6月2日(土) 彦坂康己 「教育勅語を読む」 田村博史  5・6月号
 7月7日(土) 強矢 勉 「孫正義」 福留昭彦  7月号
 8月4日(土) 澁井二郎 「漢詩つまみ食い”詩経’」 古望大祐  8月号
納涼会
 9月1日(土) 桝本吉郎 「批評家若松英輔さんから学んだこと ー 中原中也、シェイクスピア、古今和歌集、老子、池田晶子、志村ふくみ、神谷美恵子」 古望真由美  9月号
 10月6日(土) 三好淳一 「人事領域におけるデータ活用の現状とこれから(データを用いた人間力向上の可能性について)」 石黒淳一郎  10月号
 11月3日(土) 浅野 岩本賢治  11月号
 12月1日(土) 石原長夫 富山保昭  12月号
 忘年会 


 時 間  内 容  備 考
 17:30~18:00 菜根譚の素読と解説  解説者  富山さん
 18:00~19:00 月例幹事によるテーマ発表  発表者  月例幹事
※活動予定表参照
19:00~20:00 致知誌読後感発表    司会進行 ※活動予定表参照 
発表者  各自発表 
議事録作成  月例幹事 
20:00~21:00 懇談会  買出し
会場設営
 全員で一致協力して遂行


 役 割  氏 名 備考
会長
(代表世話人)
 石原長夫  
顧 問  荒井良一・渋井二郎・荒見美予子・橋本克紘
※人間力があり、伝承力を有し、会への貢献のある人
 
世 話 人 富山保昭・彦坂康己
 石黒淳一郎・古望高芳
藤巻由美子・桝本吉郎・強矢勉
※会長補佐、致知本社の会合にも出席する(会員必須事項)
 
会 員  年度会費の納入者
(致知誌定期購読者)
随時入会
 ※敬称略

○ 年度会費1,000円、月次会費2,000円 ※新規加入の方は両方お支払いください。
○ オブザーバーの方は月次会費のみで結構です。
○「新年会」「野外研修」「納涼会」「忘年会」などの場合は別途料金を設定します。

※年度会費・月次会費は、諸般の状況により変更もあります。


 議事録作成のプロセス





お問合せ・申し込み